2019.04.27 /

フジジュンのROCKどげん?5

 

 

PER CUSSION / DON’T STOP 1987

PER CUSSION / Per Tjernberg スウェーデン人のパーカッショニストが

作ったアフロテイストヒップホップファンクLP。とびきりのFUNKかっこいいです。

買ったきっかけはメンバーにドクタージョンさん(MAC REBENNACK)が

入っていたこととジャケットがそそることのみ。

ラッパーのグランドマスターファンクって人もいい。グランドマスターフラッシュではないです。

ヒップホップとの出会いはカーティスブロウだったよう気がします。邦題がおしゃべりカーティス。

ジャケットとのイカツイ写真とは合わないお茶目な題名のレコ帯が印象的でした。

まだラップって言葉が一般的ではなかった。その後ワイルドスタイルのカセットが出てトミーボーイ、

シュガーヒル、そうこうしてるうちにアフリカバンバータがきて、RUN DMC、デラソウルで

トドメがビースティ。自分の記憶だとこんな感じなんですがみなさんはどーでしょ?

 

 

VARIOUS ARTISTS / NUGGETS ORIGINAL ARTYFACT FROM THE FIRST PSYCHEDELIC ERA 1965-1968

60年代後半ビートルズを筆頭にブリティッシュインベイションの影響を受けて

アメリカの少年たちはバンドを始める。アメリカ全土で大バンドブームになる。

その記録がこのLPです。ざっくりした説明で申し訳ありません。

後にライノレコードでシリーズ化もされた「ナゲッツ」計27組のバンドオムニバス。

有名なバンドは一つもありません。ガレージパンクの原形、荒削りなものが多いですが面白い。

やや気になるバンドも入ってます。エレクトリックプルーンズ、スタンデルズ、シャドウズオブナイト、

シーズ、カウントファイブ、トッドラングレンがいたナッズ、テッドニュージェントのアンボイデューク

スなど。一発当てて有名になったるで感や、俺たちはこれしか出来ねえ文句あっか感など様々な思いが渦

巻くバンド絵巻。楽しいです。

プロデュース、編集したのはパティスミスグループ、ギターのレニーケイさん。素晴らしい仕事!

 

 

DR.JOHN / GUMBO  1972

HUEY‘PIANO’SMITH & HIS CLOWNS / HAVING A GOOD TIME

ドクタージョンさんのガンボ。ガンボとはニューオリンズ料理のごった煮みたいなもの。

ニューオリンズはジャズ発祥の地として有名ですがR&RやR&Bの誕生にも深く関わる場所。

ご機嫌な音楽が溢れる街。そのニューオリンズミュージックの入門書的LPです。

全曲グッド!深みにハマると抜け出せない病み付き骨抜きメロメロになります。注意が必要です。

ニューオリンズはタレントも豊富です。プロフェッサーロングヘア、スマイリールイス、デイブバーソロ

ミュー、ファッツドミノ、アラントゥーサン、アールキング、リードーシー、ディキシーカップス、ミー

ターズ、ネヴィルブラザーズなど。

そしてガンボB面に入ってるヒューイピアノスミスメドレーのヒューイさん。

重要人物だけでもこんなにたくさんいます。ニューオリンズ、マジヤバいです。

ドクタージョンさん2013年ビルボードでの来日ライブ行きました。さすがに高齢なのでノリノリではあ

りませんでしたが楽しめました。

 

 

FLAMIN’GROOVIES / SHAKE SOME ACTION  1977

フレーミングルーヴィーズ。サンフランシスコ出身。

60年代後半パーティ、ガレージバンドとして出発。

B級ロックンロールバンドが70年代後半にイギリスでちょっとブレイク。

苦節12年。デイブエドモンズさん全面バックアップで録音。B面までいっきに聴けます。

 

 

ROXY MUSIC / AVALON 1982

ロキシー&ブライアンフェリーさん、正直言うと大好きってわけではありません。

ダンディな姿で汗だくなライブは好感持てるけど夢中になるまではいかない。

しかしこのアルバムだけはよく聴きます。

ツボを知ってる職人たちが集まり気持ちよく作り上げた感じ。ボブクリアマウンテンさんのミックスが

素晴らしい。当時としては画期的な音の良さ。ビビりました。大人な仕事。よくできてる。

 

 

JOHN LENNON / ROCK’N’ROLL  1975

ジョンさんが射殺されたのは高校2年の時でした。

ニュースを見たパンク少年の印象は「へぇー」というくらい。

当時ビートルズ好きの友達もいましたがちゃんと全部聴いてたわけではなく

赤盤&青盤くらいの知識で思い入れもそれほどありませんでした。

高校卒業してビートルズを全部聴いてやるぞと思い立ち中古盤屋へ通う。

ちょうどビートルズ人気も落ち目な頃ですぐに揃いました。

213曲しかありませんから現役のストーンズに比べると楽です。

イギリス盤アメリカ盤のダブり曲もあまりないし。

そのままソロ作品まで一気に行ったのですがポールさん、ジョージさん、リンゴさんのはピンと来なくて

途中で断念。(今聴くとそれはそれでいいんですけど)

ジョンさんのソロ作品には完全にハマりました。

その後またビートルズに遡って真剣に聴いていった感じです。

ジョンさんのソロ作品はある意味強烈で重くてクセが強い。

更にオノヨーコさん作品も併せて聞くといい意味でグッと力が入り疲れます。パワーが半端ない。

ジョンの魂、イマジンなどとは違った感じで聴けるロックンロール。

全曲カヴァー。ハンブルク時代のジャケット写真もかっこいい。

前を歩くボケ人物はポール、ジョージ、スチュワートサトクリフ。

2009年に出た「BEATLES MONO BOX」には驚きました。

特に初期作品は別物のような生々しさ。ビートルズ再発見。

 

 

FELA ANIKULAPO KUTI / BLACK PRESIDENT 1981

ミュージックマガジン、中村とうようさんの大衆音楽の真実が発売されたのをきっかけに

ワールドミュージックに興味が湧きました。アフロビートもしかり。

キングサニーアデ、エベネザーオベイ、ザイコランガランガ、パパウェンバ&ヴィヴァラムジカなど

それぞれ魅力がありました。しかしフェラクティはLPもなく情報も少なかった。

唯一中古盤で手に入れたのがこれでした。

フェラ アニクラポ クティさん、ナイジェリア、ラゴス出身。

フェラ流アフロファンクビートに政治的メッセージを乗せ独自の世界を作り出す。

戦うアフロファンクマスター。陶酔、恍惚、情熱、混沌、猥雑、延々と続くアフロビートが全てを飲み込

んでいき爆発寸前フェラの低い声で民衆に語りかける。コール&レスポンスGROOVE。

なんと逮捕歴が12回!

国内版が出ていなかった頃、海外ロケでパリに行った時LPボックスセットを二つ買いました。

手荷物にしたためかなり重たかった思い出があります。

海外でレコードを買う楽しみは国内の数倍あるんですが帰りの荷物問題でいつも苦悩します。

 

 

TELEVISION / MARQUEE MOON  1977

RICHARD LLOYD / ALCHEMY  1979

テレヴィジョン、最初の印象は斬新な名前だなと。

ジャケット写真もザラザラな質感で飾り気ゼロ。表情もデザインも無愛想。媚びた感じ一切なし。

直感でジャケ買いしました。

トムさんの引きつったハイトーンボーカルもいいが2本のギターフレーズの絡み方が絶妙。

想像ですがトムさんがざっくり作った曲をリチャードさん(ギター)に渡して

「これにあったフレーズ、リフば考えちゃらんかいな、2本分のギターでくさ、

絡みがすごかやつばい」とトムさん。

今年の初めニューヨークロケでトムさんがバイトしてた「ストランドブック」に行きました。

古い写真集などたくさんありましたが手荷物重量問題が頭をよぎりちょっとだけ買いました。

ちなみにテレビジョンの名前はTOM VERLAINEの頭文字だそうです。

ギターリチャードロイドさんのソロも好きです。ストーンズ系、ブルース系がルーツのリチャードさん。

高校生の時にトムさんと出会いテレビジョンに加入。

 

 

JONATHAN RICHMAN & THE MODERN LOVERS

/ ROCK & ROLL WITH THE MODERN LOVERS  1977

ジョナサンリッチマンさん。マサチューセッツ州出身。ジョナリチさん和みます。

身の回りの小さな出来事とか、見過ごされている事とか、

ちょっとした情景とかを独特の視線で歌にする人。ある意味アメリカ人のレイデイヴィス的アプローチ?

ヘナチョコ風な歌い方は多少演出が入ってるようにも思えますが惹きつけられます。

歌が上手いとか、かっこいいとかそんな目で見たらいけません。

 

 

KINKS / SINGLES 1964-1970

ブリティッシュビートを聴き始めた当時日本のSMSサウンズマーケティングシステムというレコード会

社から初期パイレコード時代パーシーまでのLPが再発されました。

ビートルズは中古盤がかなりあったのでよかったのですが

キンクス、ストーンズは中古盤がなかなか出ない。

安心の国内盤を買うしかないライナーノーツも付いてるし。

地道にパイ時代から順を追って集めました。中期RCA時代&アリスタ時代までは遠い道のり。

レコード代金を貯めるため、ご飯は食パンにマヨネーズと水のみ。たまに贅沢してコーラ。

空腹を我慢するのはいいのですが聴きたい気持ちを我慢するのがもどかしい。

そんな気持ちを一旦抑えるために買ったシングル集。名曲ばかり!

特に好きな曲は「tired of waiting for you」「set me free」「till the end of the day」

「sunny afternoon」「dead end street」「waterloo sunset」「autumn almanac」

「wonder boy」「days」「drivin」「victoria」

レイデイヴィスさん独自の切り口で描かれるイギリス人ならではの自嘲的思考と人間愛。

メロディもある時は激しく、ある時はメランコリックに憂いに満ちて哀愁を気取って歌い上げる。

基本は自然体だが芝居じみた演劇派にもなれる。

ミュージックエア LATERに出演した時ジュールズホランドさんとのインタビューがあまりにも普通で

大らかなオジサンだったのでびっくりしました。もっとひねくれてるオジサンだと思っていたのに。